平成18年度支部発表賞 実施報告


  平成18年度支部大会優秀発表賞には、14演題の申し込みがあり
  各県選出の審査員8名により、講演要旨による1次審査を行い、
  選抜された7演題を大会当日の発表内容・質疑応答について
  2次審査を行いました。


  平成18年度優秀発表賞受賞者は以下の通りです。

   城内 文吾(佐賀大学)
   「ドコサヘキサエン酸含有リン脂質の栄養生理機能
    に関する研究」[講演要旨]

   岡部 正明(鹿児島大学)
   「異常プリオンタンパク質分解酵素による食の安全への
    応用」[講演要旨]