平成25年度支部発表賞 実施報告


  平成25年度栄食支部発表賞は、各県選出の審査員8名により、
  エントリー講演要旨による1次審査を事前に行い、2次審査は、
  大会当日の発表内容・質疑応答をもとに採点しました
  なお一般講演総数は、45演題(食科工支部演題も含む)でした。


  平成25年度優秀発表賞受賞者は以下の通りです。

  金 允喜(九州大学)
 「質量分析イメージング法を用いた緑茶カテキンならびに
  その代謝産物の生体組織内分布の非標識可視化」[講演要旨]

  國武 友里(九州大学)
 「テアフラビン類はCaco-2細胞においてAMPKの
  活性化を介してタイトジャンクションを閉口する」[講演要旨]